★学大/不動産総合コンサルティング|学芸大学・都立大学・祐天寺・三軒茶屋・目黒|

★東横線/賃貸・売買/ワンルームマンション部屋の探しからマンション管理組合の管理まで/学大不動産

営業所案内
碑文谷営業所
東京都目黒区碑文谷3−9−19
tel.090-5807-8354
ニュース&トピックス
ニュース&トピックス

「2013年放送の TVドラマに出てきた『理想の部屋』と『理想の街』」発表

不動産情報サービスのアットホーム(株)はこのほど、テレビドラマが好きな全国の20〜40代男女600名に実施した「2013年放送の TVドラマに出てきた『理想の部屋』と『理想の街』」調査の結果を発表しました。

それによりますと、2013年に放送された国内のTVドラマの中で、最も「住んでみたい」と思った部屋について聞いてみたところ、1位は「リーガルハイ」の主人公・古美門研介(堺雅人)の自宅。理由としては、「アンティーク調でおしゃれ」「広くて豪華」といった声が多く、理想や憧れを感じている様子がうかがえました。

2位は「半沢直樹」の主人公・半沢直樹(堺雅人)の自宅で、「花が飾ってあってきれい」「一般的な家庭の雰囲気が良い」という理由が多く、1位の「リーガルハイ」とは対照的に、現実的なところや家庭的な温かさが好まれたようです。

3位には「ラスト・シンデレラ」の主人公・遠山桜(篠原涼子)の自宅、4位には「安堂ロイド」の沫嶋黎士(木村拓哉)らが住んでいた部屋、5位には「あまちゃん」の北三陸市の天野家が続きました。

また、2013年に放送された国内のTVドラマの中で、最も「住んでみたい」と思った街はどこか聞いたところ、1位は「あまちゃん」の北三陸市。「海がきれい」「自然豊か」「人が優しそう」といった声が多く、自然のある風景や温かい人間関係などが人気のようです。

2位は「ラスト・シンデレラ」の主人公・遠山桜(篠原涼子)が住んでいた街で、理由としては「街並みがおしゃれ」「素敵なお店があって楽しそう」などが挙げられました。

3位は「SUMMER NUDE」の主人公・三厨朝日(山下智久)が住んでいた街で、「海が近い」という理由が大半を占めました。

僅差で4位には、「都会的」「仕事ができそう」といった理由で「半沢直樹」の東京転勤後の自宅がある街がランクインし、5位には「閑静な住宅街」「住んでいる人たちが楽しそう」という理由で「リーガルハイ」の古美門研介が住んでいた街が続きました。

(日刊賃貸住宅ニュース 1月19日付より一部抜粋)
更新日:2014/01/09


最近見た物件 (0)