★学大/不動産総合コンサルティング|学芸大学・都立大学・祐天寺・三軒茶屋・目黒|

★東横線/賃貸・売買/ワンルームマンション部屋の探しからマンション管理組合の管理まで/学大不動産

営業所案内
碑文谷営業所
東京都目黒区碑文谷3−9−19
tel.090-5807-8354
ニュース&トピックス
ニュース&トピックス

3人に1人が住み替え先に低層マンションを希望、理由は『震災時の避難に安心、安全』

低層マンションLABはこのたび、「低層マンションに関する意識調査」の結果を発表した。東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県に在住の、小学生以下の子どもがいる20〜40代の男女(子育て世代)と、60〜70代の男女(シニア世代)で、現在マンションに住んでいるかマンション購入を考えている人を対象として平成25年10月12〜14日にインターネット調査を行い、543人の有効回答を得たもの。なお、低層マンションLABでは、地上4階建て以下の集合住宅を「低層マンション」と定義している。
子育て世代・シニア世代の3人に1人が住み替え先に低層マンションを希望今後住み替えるなら何階建てのマンションに住みたいかを聞いたところ、全体の35.5%が「低層マンション」、45.9%が「中層マンション(5階建て以上14階建て以下)」、18.6%が「高層マンション(15階建て以上)」と回答しており(図1)、「3人に1人以上が低層マンション志向であること」が分かった。特に、「現在賃貸マンション(アパート)に住んでいる子育て世代では48.0%と、半数近くが低層マンション志向」だった。
低層マンションを選ぶ理由は「震災時の避難に安心、安全」がトップ低層マンション志向の人(193人)に、低層マンションを選んだ理由を複数回答で聞いたところ、最も多かったのは「震災時の避難に安心、安全」で28.0%を占め、次いで「地面が近く、風と大地を感じ落ち着く」(14.5%)、「シニア世代にやさしい」(14.0%)の順となった(図2)。この結果を受けて、低層マンションLABでは「平成23年の震災から2年以上が経過した今もなお、住まい選びにおいて“防災”は重要なポイントになっていることがうかがえる」と見ている。
男女別に見ると、男女とも最多は「震災時の避難に安心、安全」だったが、男性の25.2%に対して女性は32.1%となり、「女性の方がもしもの時の防災面を重要視している」ことが分かった。

(不動産ジャパン 12月11日付より一部抜粋)
更新日:2013/12/24


最近見た物件 (0)