★学大/不動産総合コンサルティング|学芸大学・都立大学・祐天寺・三軒茶屋・目黒|

★東横線/賃貸・売買/ワンルームマンション部屋の探しからマンション管理組合の管理まで/学大不動産

営業所案内
碑文谷営業所
東京都目黒区碑文谷3−9−19
tel.090-5807-8354
ニュース&トピックス
ニュース&トピックス

スマートフォンでの物件検索、前年より大幅に増加し20代では過半数に

不動産情報サイト事業者連絡協議会(以下RSC)はこのたび、「不動産情報サイト利用者意識アンケート」調査結果を発表した。不動産情報サイトの利用実態とその推移を調査するために年1回実施しているもので、今回は11回目。平成25年3月26日〜6月22日の間に、一般消費者向けにインターネット上でアンケート調査を行い、携帯・スマートフォン・タブレット利用者を含む不動産情報サイトでの物件検索経験者1,523人(男性43.6%、女性56.4%)の有効回答を得たもの。
物件検索ツールとして「スマートフォン」が増加、20代以下では過半数を占めるRSCが物件検索の際に何を使って調べたかを複数回答で聞いたところ、「主流は『パソコン』だが、割合は前年に比べ低下」したという。年代別に見ると、「PC」の割合は、20代以下(329人)で84.5%(前年91.9%)、30代(620人)で92.1%(同97.0%)、40代(335人)で94.6%(同99.0%)、50代(239人)で96.7%(同99.4%)と、全ての年代で前年より減少した。一方、「スマートフォン」は、20代以下では54.1%(前年26.6%)、30代では35.2%(同16.5%)、40代では16.4%(同5.8%)、50代では7.9%(同1.2%)と、前年より大幅に増加する結果となった。また、「PC」は、売買物件検索者(881人)では94.0%と、賃貸物件検索者(642人・88.6%)より多く、「スマートフォン」は、賃貸物件検索者(35.4%)の方が売買物件検索者(27.6%)より多かった(図1)。
PC・スマートフォン・タブレット(ipadなど)の不動産情報サイトを利用する理由を複数回答で聞いたところ、最も多かったのは、「PC」(1,397人)では「物件量が豊富だから」(79.0%)、「スマートフォン」(470人)では「どこでも手軽に利用できるから」(66.4%)、タブレット(ipadなど)(105人)では「使いやすいから」(52.4%)だった。

(不動産ジャパン 11月20日付より一部抜粋)
更新日:2013/11/28


最近見た物件 (0)